【MGS5pv曲】Not Your Kind of people(貴方の理解できない人達)【日本語訳歌詞】

 

メタルギアソリッド5 ファントムペインpv曲
Not Your Kind of people(貴方の理解できない人達)

あんたたちの目から視れば、 
あたしたちは目障りな存在みたいね 
世の中の全ては見せ掛けだけのウソっぱちだものね 

だから、あんたたちはあたしたちを白い目で見るんでしょ 
あんたたちは自分を良く見せようとして自分を一分のスキもなく着飾って 
人の目を真っ直ぐ見て話そうとしないのよね 

その態度を見ただけで、あたしたちがあんたたちに 
良く思われていないってことが判るわ 
あたしたちは毎日の生活の中で、あんたたちみたいに振る舞いたいとは思わない 

とにかくハッキリしてるのは、あたしたちはあんたたちにとって目障りな存在だってこと 
あんたたちがあたしたちに向かって論争を始めるなら、堂々と受けて立つわ 
どうせあんたたちの口から出るのは嘘や方便だけなんだもの
そうやって周りの人たちと迎合しながら、 
みんなから好かれたいと思ってるんでしょ 
そんなあんたたちの振る舞いや言動を 
アッと言う間に鎮めてみせるわ 

あんたたちが思いっ切り自分を着飾ってみせる時、 
自分は一番だと自負するんでしょ 
あんたたちはジッとしてるのが嫌いだけど、大勢の人と歓談するのも好まない 
そういうあんたたちの態度を、みんなは理解できないって言ってるわよ 

そういうあんたたちの誰かが、あたしが寝ている深夜に突然、訪ねてきて 
もしかしたらちょっとしたパーティでもやってるんじゃないかと期待して来るのよね 
あんたの物音に気付いて起こされたあたしは思わず笑っちゃった 
あんたはあたしについてのジョークをいろいろ口にするけど、取るに足りないものばかり
どうせあたしたちはあんたたちとは考え方も生き方も違う人間なのよ 
言葉遣いだって、あんたたちとは違うものね 
あんたたちが口先だけで言うウソはちゃんと判ってんだから 

とにかくあたしたちはあんたたちとは住む世界が違うってことよ 
だからってあたしたちを悪魔みたいに扱わないで、 
あんたたちが毛嫌いする人間ってだけ 

あんたたちの目から見れば、あたしたちは変わり者の人間かもね 
ずっとそうなのよ


We are not your kind of people 
You seem kind of phony 
Everything's a lie 

We are not your kind of people 
Something in your makeup 
Don't see eye-to-eye 

We are not your kind of people 
Don't want to be like you 
Ever in our lives 

We are not your kind of people 
Find when you start talking 
There's nothing but white noise 
Running around trying to fit in 
Wanting to be loved 
It doesn't take much 
For someone to shut you down 

When you build a shelf 
Build a mummy in your mind 
You can't sit still and you don't like hanging 'round the crowd 
They don't understand 

You drove by as I was sleeping 
You came to see the whole commotion 
And when I woke I started laughing 
The joke's on me for not believing 
We are not your kind of people 
Speak a different language 
We see through your lies 

We are not your kind of people 
Won't be cast as demons 

Creatures you despise 
We are extraordinary people

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

アダム・ウェストはアメリカの仮面ライダーであり、アメリカの藤岡弘、であった。

アダム・ウェスト(88歳没)は1966年から放映された人気テレビ番組『バットマン』のブルース・ウェイン役を演じてバットマンの実写化の成功に貢献した人物である。

アダム・ウェストの後もバットマンは多くの俳優が演じたがアダム・ウェストが演じたバットマンはまるで1971年に藤岡弘(71歳)が演じた仮面ライダー1号のように多くの人の心の中に残っており、人生の多くの時間をバットマンに関係する仕事に捧げた事からも藤岡弘を彷彿とさせる分部が強く、まさに元祖バットマンと言えばこの人と言うような人物である。

当たり役のヒーロー像に、後のキャリアが縛られて一度は拒絶しながらもやはりバットマンというイメージを恐らく本人の中で受け入れたであろう事も藤岡弘、のイメージと私は個人的に重ねてしまう。
アダム・ウェストは彼が演じた品性正しいバットマンのイメージに違えず性格についての悪評はほとんどなかったようで、バットマン以外に当たり役に恵まれなかったと多くの人に思われながらもその性格からお金に困らない程度の仕事には恵まれていたようで晩年も衣食住に困らずに生涯を終えた。

仮にアダム・ウェストが何らかの形でスキャンダルでも起こせば、人々が信じた古き良きアメリカの俗に言うアダム・ウェストバットマン像にも傷がついていたと思うが、アダム・ウェストはスキャンダルらしいスキャンダルは生涯で特には起こさなかった。

後のキャリアがあまり華々しくはなくてもアダム・ウェストは悪党を懲らしめるクレイジーな金持ちと言う、ちょうど仮面ライダー1号のような今となっては間の抜けたあの当時のヒーローを藤岡弘、と同じく本人の性格の良さで演じ切った名優の一人である事は間違いがない。
今となれば技術や演出はチープになっても、ヒーローはいると信じさせてくれる説得力を持った演技を見せてくれたアダム・ウェストは生涯スキャンダルらしいスキャンダルを起こさずキャリアのピークはあっても人々が哀れに思うほどの身の崩し方もせず、多くのバットマン作品に関わった事からも彼のイメージは画面から抜け出してきたバットマンのような見方でファンからは見られてきたものであると思う。

先ほどから例にあげている日本の俳優である藤岡弘、も日本の特撮俳優の中では大変に成功した俳優の一人であり、やはり現在に至るまで藤岡弘、と言えば一番強いのは恐らく仮面ライダーのイメージなのだが、歳をとるほどに飾らなくなった藤岡弘、という男はキャリアを気取らず藤岡弘、という存在は今や仮面ライダーと同じくらいに認知されていると私は思う。

藤岡弘、という俳優は仮面ライダーを演じた俳優ではなく、仮面ライダーと同じくらい存在の大きい藤岡弘、という存在なのだ。
初代ウルトラマンを演じた俳優も強い色がつくことから後のキャリアに苦労することも多い昭和のヒーロー像を演じた俳優の中では大成した方だが、演じた俳優の名前を知らない人も多いはずでありこれは大変な偉業である。

アダム・ウェストは日本が昭和だった時代にヒーローを演じた俳優の中では間違いなく幸せ者だが、代表作バットマンの人生を彼自身はどう思っていたのかは知りはしない。

しかしバットマン以外に当たり役に恵まれず、その後ある程度の裕福さを保った彼の生き方にファンはバットマンその人を連想できたのだから少なくとも彼のファンは大変に幸せだっただろう。

日本では仮面ライダー藤岡弘が、アメリカではバットマンアダム・ウェストがまるで画面から抜け出してきたようにそのイメージを強く背負った人生を送った(送っている)。

しかし不思議な事に日本のウルトラマンやアメリカのスーパマンはやはりどちらかが役柄か本人に押しつぶされ画面から現実に抜け出してきたヒーローのような存在感は私は個人的に感じはしない。
バットマン仮面ライダーは改造人間にされた人間の悲しみに悪党に親を殺された人間の悲しみを背負っている、しかしウルトラマンとスーパマンは地球人ではない宇宙人という存在。
映像の中の人間の葛藤が演じた俳優に乗り移り、その葛藤を抱えた人間の存在を強く信じるファンの心が彼等に演じた役柄の一部の存在感を与えたのだろうか。

【ハハノシキュウを出せよ】呂布カルマに劣化DOTAMA戦法で挑んだBOZの哀れさ

maxresdefault_201709012123592cb.jpg

MONSTER VISION RELEASE LIVEで行われた
フリースタイルダンジョン Challenger's CUP」。
ユウチュウブの戦極MCBATTLEチャンネルでその模様は中途半端に動画として公開された為ご存知の人もいるだろう。
優勝者は地上波のフリースタイルダンジョンでの出場権を得る。

このトーナメントは一部の人におなじみのハハノシキュウも出場していて、ついにハハノシキュウを地上波で見れるチャンスがあるのかと期待した人もいるだろう。

確かにいつかはフリースタイルダンジョンに出るだろうと思われていたハハノシキュウがエントリーした時、ストレートにフリースタイルダンジョンに出してやれよとは思った人も多いはずだ。

しかし貞子のように髪で顔を隠したハハノシキュウ
・ポニーとラップバトルをした際はポニーのモノマネラップで挑み挙げ句負けたハハノシキュウ
・ポニーとKEN THE 390 ,その他大勢のBボーイ拗らせたラッパーにマジで嫌そうにバトルされるハハノシキュウ
・DOTAMAの友達のハハノシキュウ
・段々と癖になるハハノシキュウ
ポニーキャニオンをいつの間にか辞めたハハノシキュウ

そのバトルがついに地上波で見れるチャンスがあるのかと期待した人の方が多いはずだ。
しかし戦極MCBATTLEチャンネルで二戦しか動画にされないままいつの間にか「フリースタイルダンジョン Challenger's CUP」で行われたトーナメントは終わっていた。

そしてフリースタイルダンジョン本編に登場したのは戦極MCBATTLEチャンネルの動画内で「フリースタイルダンジョン Challenger's CUP」を冷やかしに来たa.k.a. GAMI″DOTAMAに似た人″と例えられ、所見の人は″あっなんかDOTAMAの紛い物みたいな人がいる″と十中八九感じたであろうサラリーマンラッパーBOZだった。

しかし8人の中から勝ち抜いたBOZ、きっとバトルも期待できるものだろうと思いきや、一回戦目の呂布カルマにDOTAMAの「言葉のウエイトおじさん」のような言葉をぶつけたかと思うと、収拾DOTAMAインスパイア系のまずいラーメン屋のような真似をして、1ラウンドクリティカルでまるで風のように負けていった。

なんだこれは?

確かにハハノシキュウと言う名前はコンプライアンス的に難しかったのだと思う。
ハハノシキューと嫌そうにバトルをしていたKEN THE 390さんが、ハハノシキュウのフリースタイルダンジョン進出を嫌がったりしたのだと思う(それでなくてはバトルラッパーなんて吐いて捨てるほどいる状況ではないのに、わざわざハハノシキュウ程知名度と腕のある決して只の色物ラッパーではない存在を8人で競わせ本編に登場させなかったのはおかしい)。
しかし何だあの二足のわらじでお茶濁しているサラリーマンは、呂布カルマ相手に呂布カルマに負けたDOTAMAの二番煎じのようなラップで勝てるはずがないだろう。
BOZのラップは大変お粗末で審査員のERONEから″滑稽″と言われる始末で大変寒かった。
滑稽でもBOZは呂布カルマに惨敗したFRANKENのように面白く味のあるラッパーではない。
・いきったDOTAMA
・飲み屋で自称面白い話を大声で話しそうなDOTAMA
・DOTAMAより仕事はできそうだが、サラリーマン辞めるほどの人気も勢いもなさそうなDOTAMA

まさにDOTAMAインスパイア系のまずいラーメン屋ラッパーのようなBOZ。
トーナメントしてまでこんなラッパーを出すなよフリースタイルダンジョン

″今日で俺達終わりなんで″と単価切った般若が何故か次シーズンもモンスターをやっていたり、事務所関係のドロドロで審査員を辞めた晋平太が″モンスターに挑戦したくなったから辞めた″等とあからさまな嘘をついて挑戦者として現れたり、ラッパー同士のしがらみをそのままテレビ番組にしたような番組なのは知っていたが、ハハノシキュウを出さずにわざわざトーナメントするなら、せめてハハノシキュウより強いラッパーを本編に登場させてくれよ。

egaoq.hatenablog.com

egaoq.hatenablog.com

 

egaoq.hatenablog.com

egaoq.hatenablog.com

【R指定とDOTAMAと呂布カルマ】ラップバトルで向き合ったそれぞれの矛盾点

9a229b4d60894377689c70d4b3b03cfb_77edee6806be08d7347b4f51e4c70e47 (1)

 

R指定とDOTAMAと言うラッパーは一時期ライバルのように言われ(現在も世間から見たライバル関係は継続しているが双方がフリースタイルダンジョンのモンスターを降板し、二人のラッパーとしての売り出し方に差異が出てきている事から今後も世間が言うライバルのような関係が継続するかは分からない)互いにラップバトルを4回交わしスキルを磨いてきたが、この二人のラッパーはバトルをすればするほどつまらないラッパーになっていった印象は拭えない。

何故なら二人とも他人から指摘された欠点は治すタイプであり、全体的なスキルは上がったが予防線をはるようなつまらないラップになってきたと言う印象は拭えないとあくまで私個人は思う。



話を二人から変えると呂布カルマと言うラッパーはラップ中に敢えて韻を頻繁には踏まずに(勿論対戦相手から見れば敢えて韻を頻繁に踏まないのではなく″踏めない″とディスる事もできる)、芸大卒でありながら前職は塾長、芸大卒でありながらパッと見ギャングスターのような出で立ちとツッコミどころが多い。
先に書いたR指定とラップバトルで戦った際には自分はグラサンをしながら、R指定に髭で内面を隠していると言い放ち見事にその矛盾点をR指定に指摘されていた。
バトルは圧倒的に強い呂布カルマだがブーメランのようなフレーズを口にすることも多く、R指定から言わせれば″矛盾点ばかりだぞ馬鹿″。
しかし呂布カルマのスゴい所は敢えてその矛盾点に予防線をあまり貼らない所だ。
それでいて未だにバトルが強い。
人には矛盾点を指摘したいと言う願望がある。
プライベートではそんな願望に一々答えてはいられないが、ラップバトルはショーだ。
そういう意味では呂布カルマは視聴者の期待に応えている。



敢えて矛盾点にあまり予防線を貼らずそのままにしている呂布カルマ。
高校生からラップを始めその早咲きの才能から強いラッパーとして求められてきたR指定と、芸大卒業後紆余曲折あってラップにたどり着いた呂布カルマとでは、求められてきたものが違うので一概にどちらが正しいとは言えないのだが、2016年にR指定とが戦った際にはR指定はDOTAMAに「もう言うことが無いからやりたくない(笑)」と語った。
矛盾点をつぶしていくスタイルの二人だから敢えてもうラップで語る事がないのだ。

それにDOTAMAに4勝2敗で勝ち越しているR指定には既にDOTAMAが自分に何を言うのかが大抵は予測がつくのだろう。
予防線を張り合ってもう何を語っても対して進歩のない二人のバトル。

ラップバトルとは少し違うが日常生活で腹が立っても敢えては言わない人はいるだろう。
私も相手に言っても変わらないと思うときはそうする。
自分が何故腹を立てたかは考えるが、変わらないであろう相手とはわざわざ話をしたくはない。
DOTAMAとR指定R指定が語る上ではリアルでは全く交流がなく、だからお互いにライバル意識はあってもあまり好きではないのかもしれないが、 好きでもないし言っても変わらない人間にはもう面と向かって話さなくなる。



R指定とDOTAMAと呂布カルマはスタイルは違えど上げ足取りを好むが最後に三人をラップバトル中以外の要素で語りたいと思う。

R指定はキャラ作りの一貫なのかは知らないが、たりないふたりという曲で影キャラとしての心情を語った。
Dotamaはライムスター宇多丸の水曜The NIGHTに出演した際驚く程喋らなかった。
二人とも現在は独身。
一方呂布カルマには結婚して奥さんも子供もいる。

矛盾点だらけの人間の方が親しみやすい?
いやそんな事はないだろうが矛盾点に予防線をはる人間より、自分の矛盾点を敢えて生き方として崩さず予防線を控えめにする人間の方がプライベートは充実するのかもしれない。

 

egaoq.hatenablog.com

 

egaoq.hatenablog.com

egaoq.hatenablog.com

″終始大物気取り″のZeebraは″ガキだまくらかすクソエリート″。

wpid-dAzA9zRWq1BxbAK_16627_1.jpg

 

敢えて言うがラッパーのZebraと言うのは、本当にしょうものない男だ。
自分より売れた後輩(Dragon Ash)をディスで潰し、高校生ラップ選手権を主催して将来が見えない若者(MC ニガリa.k.a赤い稲妻)を育て、またしても売れた後輩(KREVA)をディスして売名と牽制を行う。
食えないラップ業界で絶えず大御所気取りを通す事で、食いつないできた自覚のない詐欺師。

″終始大物気取り″とZeebraは″まるで物真似歌合戦″のようだと批判したDragon AshのKJに言った。
KJのモノマネは一流だ、ちゃんと本人に的確にZeebraのイメージを伝えている。
ZebraからしたらKJはフェイク野郎か、批判する時によく使うセルアウトか?
セルアウト出来ずに敢えてセルアウトしないような姿勢を徹底し、フリースタイルダンジョンがやっと″セルアウト″して嬉しくて堪らないフェイク野郎が私から言わせればZeebraだ。

Dragon Ashがフェイク野郎だろうと、Dragon Ashが″騙した″としたらファンと視聴者だけだ。
喰えないから、子供の夢にすがるなんて詐欺師の中でも低俗な奴がやることだ。
しかし視野が狭いからと言って騙される方も悪い。

後輩と組んで″ガキだまくらかすクソエリート″とKREVAディスるZeebra
親のこねで入学した慶應義塾普通部を中退したZeebraKREVA慶應義塾大学 環境情報学部卒業。
″ガキだまくらかすクソエリート″としてはフェイク野郎だな。
″この先は通さねぇぜフェイク野郎″とキングギドラ公開処刑されるぞ。
キングギドラの時からそう、誰かと組んで相手を矢面に立たせて相手を disrespect。
後輩のozrosaurusと組んでozrosaurus主体の楽曲でKREVAをディスするZeebra
まるでZeebraの″終始大物気取り″の為に今の日本のラップ業界の一部は存在しているように見える。

 

 

egaoq.hatenablog.com

egaoq.hatenablog.com

 

egaoq.hatenablog.com

egaoq.hatenablog.com

egaoq.hatenablog.com

【ウルトラセブン】海底人ノンマルトに見る自国を正当化しようとする人の心。

Kg-nonnmaruto2.jpg

海底人ノンマルトと言うのはウルトラセブンに登場する人類より先に地球に誕生した先住人種を名乗る集団で、本人達は人類により海底に追いやられたと主張している。
海底にまで手を伸ばした人類に対して彼等は人類に宣戦布告をするしかなく、しかしウルトラセブンの人力により彼等は破れ去る。
しかしストーリーのラストでウルトラセブンの星では地球人の事を″ノンマルト″と呼んでいる事が分かる。
ノンマルトの主張を覆すような情報は物語の中では見つからず、第三者の眼から見たら人類は限りなくグレーだろう。
しかし我々人類の為に作られたウルトラセブンと言う特撮は、嫌がおうにも人類が先住人種である証拠を見つけさせようとする。

ウルトラマンと言われる超人が一体どのような価値観で宇宙の平和を自治しているのか長く謎だったが、近年ウルトラマンは我々人類によく似た惑星人をルーツにもつ知的生命体である事が分かっている。
つまりウルトラマンが人類に肩入れするのは、人類が自分達と近い存在であるからで、彼の敵である怪獣や異性人は皆ウルトラマンとは姿形が似てはいない。
確かに惑星侵略は許されない暴挙であるが、見方によってはウルトラマンは人種差別的な価値観で人類に肩入れしているとも見れなくはない。
ウルトラセブンは作品の中でも常に難しい選択を迫られたが、視聴者である地球人の意見を代弁するかのように常に人類の側についた。
人類の杜撰な捜査により破壊兵器の実験場として選ばれた星の被害者であるギエロン星獣に対してもやはりセブンは命を奪った。



ウルトラセブンの続編であるウルトラセブン1999最終章6部作の最終エピソード「わたしは地球人」ではノンマルトの主張を決定づける事実を人類が隠していた事が判明する(この展開は、現在でも賛否両論に分かれている) 。
それが縁で人類に対して攻撃を開始したノンマルトの生き残りに対して、やはりウルトラセブンは人類側につくのだが、ウルトラセブンの今回の行動を受け入れる惑星は地球意外にどこにもおらずセブンは幽閉されてしまう(今回は明らかに惑星社会はセブンは侵略者である地球人側についたと言う見方をした)。
そしてその守られた地球人は人類が隠していた真実″オメガファイル″を惑星社会に公表し、反省の意思を認められ一人難を逃れている。

実際侵略者である人類が居座り、ノンマルトは滅ぼされているのに結果的に惑星社会は″反省の意思″程度で地球人を許してしまっている。
他の良識をひけらかす惑星人に関しても後ろ暗い過去があるのではないかと邪推してしまう。
まるで自分たちだって今までおかしな価値観で動いていたのに新参者を激しく良識人のように非難した列強のように。



ウルトラマンの世界は既にアメリカに守られている日本のような図式で物語が始まっている為、人類が他の惑星人といさかいを起こし大規模な惑星間の戦争になるような事はないのだろうが、仮にウルトラマンの力が惑星社会で弱体化してしまったら、地球人がどのような手段に出るかは分からない。
ウルトラマンと言う後ろ楯がなくなれば人類は惑星の侵略の危機を強く意識せざるをえないだろう。
そして顔色を伺うべき相手()ウルトラマンの権力は弱体化している。
ノンマルトの主張が決定的に作中で示唆されても、やはり人間は自分がついた方の立場に肩入れしてしまう。

実はEVOLUTION三部作に登場するアカシックレコードの記述、そして前述の最終章のノンマルトの一部の言動から本当に彼らが地球の先住民かどうかは怪しいと推測するファンもいる。(ノンマルトと現人類がとって代わられることはアカシックレコードに記されていない) 
ピクシブ百科事典 ‐ノンマルトとは‐



肝心の″ノンマルトの一部の言動″について、明らかにしてほしいのだがネット上にはそれに関して言及している記事はない。
侵略と言う過度のストレスにより侵略の歴史が去ったあとに歴史をねじ曲げてしまうケースも私はないとは思えないので、ノンマルトが侵略のストレスにより一部の歴史を隠蔽している可能性も考えられる。

国が国を侵略しなくては多国が漁夫の利を狙っているような異常な価値観のもと、侵略しなくては侵略されてしまうような歴史も私達にはあった。
あの国を私達が侵略しなければ、あの人達は本当に幸せになれたのか。
他の国に侵略されていただけではないのか。
しかしそれは勝手な理屈である、しかし人間は自分の都合の良い勢力の正当性をいつも見つけようとしてしまう。
創作ではあるが、本当に当時ノンマルトと人類しか知的生命体は居なかったのか。
ノンマルトは本当に綺麗な被害者なのか。
当事者である人類はホモ・サピエンスの正統性を探ってしまう。
しかし被害者であるとされるノンマルトもノンマルトで、全て事実を言っているのかわからないのもまた事実だ。

ガリガリガリクソンに見る地に足のついていない生活の典型例

DAqFNMmXkAABEMi-e1495748706924.jpg 

例えば子供たちを楽しませるため、パーティなどでピエロに扮することが多かったことからキラー・クラウン(殺人道化・殺人ピエロ)の異名を持つ殺人鬼であるジョン・ウェイン・ゲイシーは表では慈善家の資産家を装いながら、彼の家全体を覆う異様な臭気は一目で警察官に異常性を認識させた。

例えば三菱製鋼子会社の元総務担当部長・山本英成容疑者(45歳)はキャバクラで豪遊し会社の金を三億円使いこんで後に横領の罪で逮捕された。
地に足がついていない生活でもお金があれば維持できる。

ガリガリガリクソン 本名:坂本 祐介(さかもと ゆうすけ)生年月日:1986年2月19日(31歳)は学生時代に壮絶なイジメを受けていたとされるが、悪質な交通事故を起こしてからは醜聞がいたる所から出てきた。
確かに社会は落ちた犬を棒でつつくが、いくらメジャーになりきらなかった芸人とは言っても誰一人庇う人間が現れないのは不思議である。



週刊誌ではガリガリガリクソンは周囲への悪態を隠さず、暴飲暴食を重ね自重せず酒を飲み明し、後輩に対するイジメはひどく、注意した先輩を逆に敵視したのだと言う。
ネタをパクったと同じ芸人であるエハラマサヒロに対して噛みついた事件でさえユウチュウブでは

ガリクソンっていじめられっ子で可哀想とかイメージしてたけど。
色々聞くと、ガチのクズだからなぁ……そら嫌われるわ。
エハラとの祇園笑者での直接対決は酷かった、昔はガリクソン被害者みたいに書かれてたけど、全部ウソだったという。本人目の前にいるから今度は嘘付けなくて、ただ大声出して誤魔化すだけ。″

と証言する不確かな情報がコメントされる始末だ。
私がこの情報をある程度信じるのは″エハラマサヒロガリガリガリクソンのネタをパクった″この事件に対してガリガリガリクソンの言い分のソースだけを記事にした判子絵の記事は出てきても、エハラマサヒロは何を言っているかがガリクソンが事件を起こすまでほとんど出てこなかったからだ。
ガリガリガリクソンは実はネットで人気の高い芸人で、エハラマサヒロは実はネットで嫌われている芸人(小規模なキングコング西野のような嫌われ方をしている)。

実際よくある話だネットは広大だが好奇心は被る。
″ネットの人気者ガリガリガリクソンは嘘つきだった″より当時は″ネットの嫌われ者エハラマサヒロガリガリガリクソンのネタをパクる″の方が人は検索したがる題材だったのだ。
だから結果的にエハラマサヒロの言い分について今まであまり取り上げられなかったと言うのは考えられない話ではない。
しかし真偽はあくまで分からない。



楽しんごも昔いじめられたと語ったし、ラッパーのジョーも昔いじめられたと語った。
ガリガリガリクソンもそうだ。
しかし彼等を見たネットの人々には一言あるようだ。
弱いからいじめられる、あるいは性格が悪いから性格が悪い第三者にいじめられる。
これは一つの真実だ。

ガリガリガリクソンについて、稼いでないと言う情報もあれば、消費者金融にさえ見捨てられた後輩に違法な金利でお金を一千万円以上貸したと言う情報もある(これに関しては裁判が起きているのでほとんど本当)。
謎の社長人脈があり、潤っていたともされる。

元いじめられっ子でありながら芸人として出したラーメン屋ではバイトを異常な給料でこき使い、店舗を崩壊させた昔弱い立場だった体験を後に生かさない自分勝手な性格。
テレビの企画で飲食店でバイトした際はあまりの手際の悪さに発達障害を疑われた。
しかし彼は芸人になる前はラーメン屋の店主として50万円の給料を受け取っており、とてもあの手際では店長として成り立つとは思えないが、ツイッターを見る限り料理はプロ級。
その不安定さが社長達からは恐らく可愛がられたのだろう。

そしてああいう人間が本音を隠すと何を考えているのか分からない不気味な人になる。
ツイッターの誰かが逮捕後のガリガリガリクソンを見て怒られなれている顔だと呟いた。
ガリクソンは存分に自分を解き放ち、故に怒られて怒られ慣れた。
怒られ慣れるなんて、馬鹿にしていると思われるかもしれないが、怒られ慣れてないから相手を怒らせる事はあるが、怒られ慣れている人間は全力で相手の言い分を聞き必要最小限の差異で話を終わらせようとする。
要件は短い方が良いのだ。

ガリガリガリクソンは既に30歳を超え今さら変わる人格があるでなし、欠点を埋めずに長所を伸ばす方向に自分を定めたのだ。
ジョン・ウェイン・ゲイシーや山本英成容疑者だってそうだ、仮に人を殺さなければジョン・ウェイン・ゲイシーは政治家まで登り詰めたかもしれない男だし、山本英成容疑者だってエリートがお金を散財するのはよくある事で、ストレスで途中でダウンして職を失うより散財して最後まで駒を進めた方が良い事もある。
何が言いたいかと言うと結局普通が一番良いと言うことだ。