中国人が日本人を演じるハリウッドと、日本人が外国人を演じる日本映画

f:id:ooozz:20160531225731j:plain

アメリカには日系アメリカ人は少なくても、中華系アメリカ人は多くいる。
だからハリウッドで日本人の役が空いているさいに声のかけやすい中華系アメリカ人が日本人を演じる事が多い。
声をかけやすい所に、声をかけて国籍を偽り演じさせるというのはどの国も同じようで日本映画の場合はもっとひどい。

最近は漫画原作の日本映画が頻繁に上映されているが、本来なら外国人が演じる役柄も日本人が演じているし、舞台が西洋の場合は大体の場合を無国籍ファンタジーにしてしまい日本人が大量に出てきても無理のない世界観に変えてしまう。
ホワイジャパニーズピーポの厚切りジェイソンは日本については面白、可笑しく批判するのに自国(アメリカ合衆国)の、問題について指摘されると「日本に意見言う前にアメリカ直せと言われるが、アメリカの問題は僕の人生に関係ない。僕は日本にいる」と、居直った。

誰もが人の降りだけが、気になり自分の事になると、急に歯切れが悪くなるのだが、日本には人の降り見て我が降りなおせという言葉もある。
日本も最近は積極的に、日本人を使いだしたハリウッド映画を見習って、本来なら外国人がやるべき役は少しでも外国人にやらせるべき努力をするべきだ。
そうでなくては日本人役に中国人を、起用するなとはとても指摘はできない。

広告を非表示にする