読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネトウヨが考える新しい保守の形

左翼 右翼 保守 政治 第二次世界大戦 大日本帝国 日刊ーサイゾーリスペクト メディアのすきまZ 正体

cap180.jpg

ネトウヨがなりたいのは東条英機である。

ネトウヨの多くが徴兵制を否定している。

何故ならリスクを犯したくないからだ。

ネトウヨの主張というのは結局日本のプライドを守るために自衛隊に、可能な限りの働きを期待することである。

ネトウヨがなりたいのは安全な場所で指令を出せる司令官であり、それをリスク0で達成する事だ(仮にその無責任な書き込みが世論になり日本が致命的な失敗をしても、ネトウヨはネットから姿をけして素知らぬ顔をすれば良いだけだ)。

当時の日本人のような強い心もない、美徳もないような人間がコスプレ感覚で右翼のコスチュームを見にまとい、コスプレであるからどこか不真面目である。

これが戦後甘やかされて育った日本人が育んだ新しい右翼の価値観だ。

責任をとらなくても良い空間で生まれた政治主張は、右翼も左翼(ネトウヨが言う所のパヨク)もだらしのない見るに絶えない存在になってしまった。

広告を非表示にする