【一部ネタバレ有り】アウトレイジ最終章感想

images (1)

・張会長はまるで小沢一郎

ピエール瀧演じる花田(花菱会幹部)が韓国の風俗で問題を起こし、その問題に前作で日韓のフィクサーである張会長預かりになったビートたけし演じる大友が絡み、問題が次から次へと大きくなっていくのは無印のアウトレイジを彷彿とさせる。

張会長と言うのは自分から指示せず意図を考え周りが勝手に動くという全盛期の小沢一郎のような男で、敢えて手を下さないのは無印の関内(山王会会長)と同じだが、口数少なく滅多に部下に制裁を下さない為部下からは信頼されており、大友も忠誠をつくしている。

・またインテリに乗っ取られるヤクザ界隈

前作で大きく暴れた関西ヤクザのNo.2とNo.3は会長が娘婿に代替わりした為、身分は代わらず演じる本人達が大きな病気をした事もあり疲れきっている印象を受ける。
日本を牛耳る大ヤクザになった花菱会の現状は前作の山王会と同じで日本一の指定暴力団になったは良いが、インテリヤクザどころか証券会社を定年したような娘婿が会長をやっているような現状に下につく人間(特に 西田敏行演じる西野若頭は)うんざりしている。
この娘婿である会長は、物語が動くに至って前作の石原のように大焦りして、言うに事欠いて関西ヤクザ達の前で″俺は関西弁は嫌いなんだよ″と罵るのだから、下がついてこないだろうなと言うような感じである。

・ギャグが増えた今作

本作ではアメリカのホラー映画の代表作であるエルム街の悪夢13日の金曜日が作品が進むにつれてマンネリになりギャク要素が増えたように、非常に笑える小ネタが多い。
と言うか本作はマンネリで物語が動くギミックが小ネタな為、所々でギャクでもいれなくては、間が埋まらなかったのだろう。
本作はヤクザ達の対面の貫き方が良い意味でギャクになっていて笑えるし、監督も完全に自然体(今作は物語を崩さない程度にタケシの冗談みたいな会話をヤクザ達がするシーンがふんだんにある)で今作をとっていて面白い作品ではあるのだが、前作、前々作に比べたらどうしても劣ってしまう。

・果されなかった下克上

ネタバレをしてしまうと今作では北野監督に体する緊張も緩和され大いに(恐らく)アドリブをいれ、今回の北野映画のギャクを増やすに至った西田敏行演じる西野若頭と、張は残るのだがこれが前作、前前作とは大きく異なる。
大体の場合、組織の上に立つべきではなかった人間が上に立つ事で悲劇が起き、その上をさらに上に立つべきではない人間が刺す事によりゴタゴタが起きると言うギミックがアウトレイジにはあるのだが、今回は辛うじて上に相応しい二人が殺されずに物語は終わった。
張会長の元には寡黙に職務を果たすNo.2の白竜演じる李がいるが、西田敏行演じる西野若頭改め西野会長のNo.2は単体では力を失った山王会にも嘗められる塩見三省演じる中田だ。
次から次へと相応しくない人間の下克上により、組織が破滅していったアウトレイジだが今回は相応しいヤクザが最後まで花菱会に居座った。
しかし山王会が三浦友和演じる加藤に代替わりした時のように、No.2の中田に会長職が渡るであろう未来は恐らく組織は弱体化してしまうだろう。

塩見三省西田敏行が元気なアウトレイジも見たかった

前作で強面一直線の強いヤクザを演じた塩見三省がまるで別人のように弱り西田敏行も弱々しくなった事は必ずしも今回のアウトレイジのストーリに影響したのだろうが(インテリヤクザの石原が2作目で明らかにヘタレ化したのは監督のインスピレーションが先だろうが今作の塩見三省演じる中田のキャラクターの違いは弱々しくなった塩見三省演の印象に影響されたのではないかと思わなくもない)
叶うなら二人が元気な状態でならアウトレイジ最終章の物語のあらすじはどこまで変わったのか?
そのあらすじも是非見たかった。

・日本のバイオレンス映画を研究する北野監督

後は同じバイオレンス映画である凶悪からはピエール瀧が、恋の罪からは津田寛治が今作では登場しており監督は研究の為、同じ系統のバイオレンス映画を見て勉強しているのかとニヤニヤさせられる。

・良くも悪くもタケシのヤクザ映画の集大成

その男凶暴につきの黒幕である岸部一徳と、ブラザーでは兄弟分であった大杉漣が花菱会の会長と、会長側の勢力の若頭補佐として同じ画面に出ているなど(冒頭がソナチネを連想さえるキタノブルーで始まるなど)70歳を迎え最早ヤクザを演じるにしても
役柄が限られてくるビートたけしのヤクザ映画の集大成と見る向きもあるが、(HANA-BIに登場したような薄暗く廃品がある工場等も登場するが強いて言うならBROTHER感はなかった。しかし監督は今作のインタビューでBROTHERで感じたハリウッド資本で感じた映画の不信感を語っており決して無関係ではない。)やっぱり全二作と比べると面白いが小並みだった印象がある。

・最後に

一番タケシ映画のヤクザに相応しいのは認めるが、やっぱりいつもタケシが演じるヤクザはそういう風な人生感持っているよねと言う感じである。
負けが混んだらそんなに簡単に死ぬのが美しいのか或いは潔いのかという気もする。
人は簡単に死ぬが死ねない事も多い為、自分だけは一番苦しまない死に方を選ぶ事が多いタケシ演じるヤクザが羨ましいやらずるいと思うやらと言う感じである。

egaoq.hatenablog.com

egaoq.hatenablog.com

egaoq.hatenablog.com

広告を非表示にする