【ヒトラーは生きていた!!?】その男、国家機密につき【ネタばれセリフ臭】

image_disp.jpg

手術費を工面する為に彼は働きに働いた。
変わっていたよこう叫ぶんだ″注文が入ったぞ″すごく清潔好きだったね。
整頓が好きで皿をきちんと並べるんだ。
何でもキッチリしたがった。
みんなに好かれてた。
面白味はなかったよ。
働き者の男だった。

 

 私が覚えているのは肉を全く食べなかった事だ。
本当に全くね。
菜食主義者だろう。
時代の先端を言ってた。
豆しか食べなかった。
キュウリの浅漬け・レタス

 

ムンチェンハウザーは運転手をしていた女装ショーのツアーバスの運転手だ。
″戦車みたいにバスを運転するの。
口には出しては言わなかったけど、楽しんでたと思うわ。
舞台に上がった事もあるの。″
ムンチェンハウザーのダンスは映像に残るヒトラーのダンスに似ていた。

 

ヒトラーがアメリカの大衆映画を好んだ事は有名だ。
ムンチェンハウザーが彼ならハリウッドに足跡があるはすだ。

 

脚本家志望だと言う彼から電話があったんだ。
面白い人物だったので父が会ったよ。
脚本家志望には20代の若者が多いが彼は60近くて、演説の原稿を書く仕事をしてた。
彼が脚本を書いた作品があるから見てみよう。
中々面白い映画でしょう?


数日後彼は再度体臭文化に関わった。
″マック・ブラットヴルスト″を開店したのだ。
独の革ズボンをはく規則だった。
″ドイツ語訛りで話せ″と。
あの頃の事は忘れたいんだ。
食事を楽しむような店じゃなかった。
兎に角効率よく客に食わせたのさ。
ドイツの価値観・文化が全てだった

 

こんな事を言ってた。
″ホットドッグと言うなヴルストと呼べ!″
″一列に並んでヴルストと言え″ってね。
それで並んでそう言ったよ。
要はホットドッグだ。

 

とっつきにくかったよ非常に変わっていたドイツの戦争犯罪人だった。
アメリカで妙な仕事ばかりして生計を立ててた。
マッカーシ議員の下で働き始めにわかに我々の注目を集めたよ。

 

ドイツ人達は自分の体か浅黒く日焼けした肌を自慢しあってたらしい。
作業の予定も話してたらしいよ。
皆で働くのが好きだったようだ。